TOEFL参考書 TOEFL情報

TOEFLオススメ参考書(Barron's)

投稿日:

TOEFL参考書として有名なBarron'sについて紹介いたします。
Barron'sは他の試験(IELTSなど)でも問題集を作成しておりますので、安心できる制作元かと思います。

総評

すでに紹介しておりますTOEFL MAPやDeltaシリーズと比較すると問題自体は簡単です。しかしながら、本試験模擬試験形式で8個の試験があるので問題集ならびに本試験問題なれには持ってこいの参考書であると考えられます。

難易度

前述のように難易度自体は高くありません。Reading、Listeningともに設問が比較的簡単です。模擬試験形式ではありますが、本試験よりも正答率は高くなるかと思います。

オススメの活用法

8回分の模擬試験を解くことができるので問題数もそれなりにこなすことができます。しかしながら、上述のように設問はやや簡単なので、Readingでは英文を読むことに慣れるために活用することをオススメいたします。Passage自体は本試験レベルかと思いますので英文を読むということについてはこちらの教材で十分に鍛えることができます。
またListeningも設問自体はあまり難しくありませんが、異常に読まれる文章が長いです。Lecture問題ですと7分超えるものもありました。問題を解くことがメインの目的ではなく、ディクテーションやシャドーイングなどListening力をアップさせる教材として活用されることをオススメいたします。

どんな人にオススメ??

TOEFL Readingスコアが20点未満の方にはオススメかと思います。本番形式の試験に慣れると当時に英文を読むことに慣れることがスコアアップには重要ですのでBarron'sは最適かと考えます。また、Listeningに関しては、スコアが20点以上であってもオススメいたします。特に純ドメの方はListening力向上はやってもやっても足りないくらいなので長いLecture問題などはListening力向上にはもってこいの教材かと思います。

shobon
shobon
自分の実力にあった参考書を選びましょう!!

-TOEFL参考書, TOEFL情報

Copyright© youmeroot ~ゆめるーと~ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.