GMAT/GRE予備校 GMAT/GRE情報

GMAT予備校:濱口塾

投稿日:

MBA受験生にとっては避けては通れない鬼門、GMATです。
ほとんどの受験生の方はどこかしらのGMAT予備校に通われているかと思います。本日は、GMAT界隈では最も有名と言っても過言ではない「濱口塾」についてご紹介します。
なお、エッセイカウンセラーとしての濱口塾については別記事にて紹介しておりますのであわせてそちらもご参照頂ければと思います。

濱口塾とは

濱口塾はGMAT予備校として非常に有名ですが、良質で大量のGMATの問題を解くことができるからです。またその解説も非常にクリアです。私はまったく文法が分からなかったのですが、濱口塾の教材と解説のおかげで理解を深めることができました。
また、濱口塾長がGMATを教えておりますが、通塾でもオンラインでも受講可能となっております。

授業の概要

各項目について下記にざっくりとまとめました。
SC:文法項目毎にまとめた問題集を使用。9つの単元から構成。
CR:こちらも出題パターン毎に編集した問題集を活用。ロジックパターンを見つける勉強法をする。
RC:こちらは単元はなし。350字~220字の文章を過去問からピックアップしたものを使用。
Math:こちらも単元別問題を使用。出題パターンをInputする。
AWAについてはテンプレートを頂けますが個人レッスン以外クラスは無いようです。

どのプランがおすすめ??

主に、「GMAT Course」と「GMAT通信講座」に分かれております。それぞれの違いについては下記濱口塾ホームページをご確認頂ければと思います。

それぞれの金額の違いは約30万円と結構大きな差があります。その違いを生んでいるのは主に、

  1. GMAT Courseと通信講座では、練習できる問題数が違います。GMAT Courseは実戦問題集というものがあり、より難しい問題にチャレンジすることができます。verbal19回分、Math22回分の試験問題です。
  2. 濱口塾長の個人レッスンや質問をすることができます。しかもその回数については制限はありません。
  3. 受講可能期間がGMAT Course2年間、通信講座180日と違う

私は、GMAT Courseを受講しましたが結局あまり質問はしませんでした。メールでの質問だと煩雑になってしまうのと、Skypeでも個人レッスンはありますがそれも分からないとことがたくさんあって毎回毎回日程を調整したりするのが面倒に感じたからです。
しかしながら、通学できるのであればFace to Faceで質問できるGMAT Courseが良いかと思います。GMATはわからないことが多いので質問したいことが山ほどでてくるからです。また、長期で対策を考えている方は2年間有効なGMAT Courseを選ぶのが最終的にはお得になるかもしれません。
カウンセラーの記事でも少し触れておりますが、人にとって合う合わないがありますので入塾前の無料カウンセリングを活用されることをおすすめいたします。

shobon
shobon
私は大変お世話になりましたおすすめのGMAT予備校です!

-GMAT/GRE予備校, GMAT/GRE情報

Copyright© youmeroot ~ゆめるーと~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.