TOEFLコラム TOEFL情報 留学お役立ち情報

DMM英会話とレアジョブを比較!

更新日:

今回の記事では、管理人が実際に利用したDMM英会話とレアジョブとの比較を紹介します。

DMM英会話とレアジョブと言えば、オンライン英会話で双璧を成していると言っても過言ではないほどポピュラーになっております。価格やシステムなどは各社HPに書かれておりますので、大まかに紹介します。実際の使用感についてより詳しく紹介したいと思います。

DMM英会話 vs レアジョブのシステム比較

一番気になる価格面での比較になります。結論から申し上げるとそんなに大きな差はありませんがレアジョブの方が現在のところ安価に提供しております。その他に、受講するうえで気になる点を下記の表にまとめました。

1日1レッスン 講師 レッスン時間帯 予約締め切り
DMM英会話 6480円 110か国 24時間 開始15分前
レアジョブ 5800円 フィリピンのみ 朝6時~深夜1時 開始5分前

 

講師

DMM英会話もフィリピン人は多いですがセルビア、ジンバブエ、ジャマイカの講師もいます。管理人は、フィリピン人で満足していたのであまり講師の国籍は気にならなかったというのが本音です。

 

レッスン時間帯

管理人は早朝や深夜にレッスンをすることがなかったのでこの点も特に気にはしませんでした。しかし、勤務時間によっては深夜や早朝にレッスンを受ける方もいらっしゃるかと思いますので24時間受講できる点でDMM英会話の方が有利かと思います。

 

予約締切

レッスン前15分までと5分前までの予約締切です。あんまり大きな差ではないですが、私は結構ギリギリで予約したいタイプなのでレアジョブの方が良いかなと感じました。事前に時間を決めてレッスンを受けられる方はあまり気にならないかと思います。

 

DMM英会話のメリット

管理人が考える1番のメリットは、講師の評価を見ることができる点になると考えております。ユーザーからの5点満点での評価を見ることができるので、講師を選ぶ際に非常に参考になります。一方、レアジョブは講師の評価をみることができないためその講師の質が良いかどうか判断できないのは非常にネックになる点です。実際にDMM英会話でも評価が低い講師はやはりそれなりに理由があります。

もう1つの大きなメリットはiKnowを無料で使うことがきることです。GMAT、GREを勉強している方にとっては単語学習の際に非常に重宝します。これはおすすめです。

また、TOEFL教材やIELTS教材は出版社と提携しているものを使っているのでTOEFLであればTask1のみならずTask2(会話)、Task3(講義)も練習することができます。しかしながら、TOEFL対策については限られた講師しかできない点や、あまりトレーニングを積んでいない講師がほとんどなので良い講師を探すことが1つ重要なポイントになるかと思います。

レアジョブのメリット

レアジョブではDaily News articleが毎日更新され、それを使って講師とディスカッションするレッスンがあります。DMM英会話でも同様のものがありますが、レアジョブは音声付きで配信されております。Readingの勉強のみならずListeningの勉強にもなるかと思います。しかしながら、おそらくフィリピンの方が音読されているかと思います。

あとは、管理人の完全な個人的印象ですがレアジョブの講師の方がフランクな印象があります。ある講師は自分が予約したい時間帯をレッスン中に伝えると、その時間枠を開けてくれたりすることもありました。DMM英会話の講師も親切な講師もたくさんいらっしゃるのであくまでも管理人の個人的な印象になります。

結局どっちがおすすめ?

双方の違いとメリットを書いたところで管理人がおすすめするのは、DMM英会話です。月額680円もの違いはありますが、講師評価システム、iKnowなどその680円を十分に上回るメリットがあると思います。

管理人はレアジョブからDMM英会話に変更して15000分レッスン受けて続けております(2020年5月現在)

shobon
shobon
今回は完全に管理人の主観でおすすめオンライン英会話を紹介しました!

-TOEFLコラム, TOEFL情報, 留学お役立ち情報

Copyright© youmeroot ~ゆめるーと~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.